2016年3月11日 (金)

★★★ブログお引越し★★★

今日からブログをお引越しします。

これからは下記アドレスをご覧ください。

新しいブログ

2016年2月 2日 (火)

スーパーOPEN情報など

こんにちは。

まだまだ寒い日が続きますねsnow

先月の大雪で大変な思いをしましたので、その後の大雪予報の前日、私もついにタイヤチェーンを買いました。
準備は万端でしたが、2度とも予報は外れまだ未開封のまま・・・。
お守りとして置いておきます。

先日いらしたお客様がお詳しい方でしたので、いろいろリサーチし、私でも簡単に取り付けられそうな非金属チェーンタイプにしました。
お客様は10分で取り付けられると言ってましたが、私は何分かかるでしょう。

先月の大雪で家と会社まわりの雪かきをして全身筋肉痛となりましたが、雪降ってくれないかな・・・というちょっとした期待もありつつ過ごしている毎日です。

1月は昨年よりは緩やかな繁忙期スタートといったところでしょうか。
通常よりは忙しくなってきておりますが、まだお昼ごはんが食べれているのでそこまでではないですかね。

今年に入って、2組も私と同じく奥田民生さんのファンのお客様がいらしてくださいました。
やっぱり共通の趣味って盛り上がりますよね。
先日は物件の話より、民生さんの話が大半を占めてしまったという状況です。
民生さんのファンの方お待ちいたしております笑

そして、高齢化が進む中、ご高齢の方の物件探しも増えてきているように思えます。

先日もなんとか入居できるところが見つかり、お客様も大変喜んでいただけ、私もホッとしております。
やっぱりお客様が笑顔になってくださるのが、私も一番の喜びですね。
高齢者が住みやすい住居が増えていくことを願っています。
弊社では年齢制限のないUR賃貸住宅の取り扱いも行っていますので、お気軽にご相談くださいね。

そして、南武線『西府』駅にやっとスーパー『OKストア』がOPENします!
駅ができてから7年。長かったですね。
お安いようですし、楽しみですね。

R0049784

2月4日(木)OPENです。

また2/6(土)~3/13(日)の間、郷土の森で『梅まつり』も開催です。
60種類、1100本の梅が見れるそうですよ。
大人200円中学生以下100円ですが、府中市民の方は大人100円で入場できる市民優待券を、70歳以上の方は無料になる優待券を郷土の森博物館券売所で発行しているそうなので、住所・氏名の確認できるものを持参するといいですよ。

それでは、インフルエンザや胃腸炎など流行っているそうなので皆様お気を付けくださいね。

2016年1月12日 (火)

2016年1月の住宅ローン(たまにはマジメなお話)

2016年は住宅ローンの超低金利で幕をあけました。

変動金利では三菱東京UFJ銀行などのメガバンクが過去最低金利を提示しています。

弊社も主要メガバンクさんとの提携がございますので、新年それぞれの銀行担当者が低金利のチラシを持っていらしてくださいました。

1月の金利ですと・・・

【変動金利】

三菱東京UFJ銀行さん、みずほ銀行さん、三井住友銀行さんでは、変動タイプ(年2.475%)から最大金利引き下げでご融資利率が年0.625%

りそな銀行さんでは、変動タイプ(年2.475%)から最大金利引き下げでご融資利率が年0.6%

金利だけでみると、りそな銀行さんがお安いです。

ただ従来通り、最大金利引き下げを受けられる方は、自己資金が多い方など優良な方に限られてきますので、お家を買うためにはやはり貯蓄をがんばる!といったところでしょうか。

【フラット35】

平成28年1月29日までの本申込受付分にてフラット35S▲0.6%の適用が終了となります。

ARUHI(元SBIモーゲージ)さん、ファミリーライフサービスさんですと
物件価格の100%お借り入れの場合 1.67%(21年以上) 1.40%(20年以内)

となります。
自己資金をお持ちの方で、9割融資ですともっと金利がお安くなるプランがございます。

住宅ローンを比較する時に皆様が一番気になされる大事な要素はもちろん金利ですが、見た目の金利だけで比較するのは危険です。
諸費用としてかかる保証料や団信保険料、事務手数料を考慮した総返済額で比較しすることと、住宅ローンの繰上返済は簡単に手数料無料でできるかなども考慮しましょう。

メガバンクは団信保険料は銀行負担ですが、フラット35はかかります。

その他の三大疾病・八大疾病・介護特約などの保障を付帯されるケースが私のお客様でも増えてきました。
そういった保障も検討材料に入れるといいですね。

今年に入り長期金利が急低下しています。 12日後場の東京株式市場で日経平均株価は一段と下げ幅を広げています。

新年早々に 、中国株式市場の急落や北朝鮮の核実験実施、宗派を背景としたサウジアラビアとイランの対立
と株式市場にマイナスの要因が立て続けに発生しましたので、投資家のリスク回避姿勢を背景に株式が売られる一方で、債券が買われ、金利が低下しています。

昨年1月も長期金利が急低下し、翌月の2月の住宅ローン金利が過去最低金利を更新しましたので、
今月末にかけて長期金利が現状の水準で推移した場合には、本年2月も住宅ローンの過去最低金利を更新する可能性があるようですね。

物件のご相談はもちろんですが、物件探しの前にまずは住宅ローンをご相談したいという方も、お気軽にご相談いただければと思います。
私も日々勉強がんばります。

Image_3

«ブログお引越しについて

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31